毛を薄くする方法

ムダ毛処理と言ってもいろいろな方法があります。
特徴などによっても違いますし、重視する部分も一人一人違うと思います。
ですからどの方法が自分に合っていてよいのかを理解して方法や商品を選ぶことが大事です。
一時的にムダ毛を処理したい方もいるでしょうし、なるべく生えてこないようにしたいというかたもいると思います。
脱毛器を買ったけど使わないから脱毛剤などを利用したいという方やエステサロンは面倒なので自宅でできる方法がよいなどいろいろですね。
当サイトでは自宅で毛を薄くする処理方法を中心に紹介しています。
ちなみに毛を薄くするということであれば抑毛剤ということになってくると思います。
脱毛剤や除毛剤は一時的にはキレイになりますが、また生えてきます。
一応抑毛剤意外にも除毛剤や脱毛剤も紹介しておきます。

 

抑毛剤特徴で比較

毛を薄くする抑毛剤比較一覧

商品名 価格 容量 性別 部位 詳細
コントロールジェルME

18年以上売れ続けいているロングセラー商品

6,800円⇒初回限定5,000円(税込) 150ml(1ヶ月分) 男性・女性・子供 全身 お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

アフターシェイブローション

楽天男性化粧品ランキング1位を獲得する人気商品

6,300円⇒5,040円(税込) 150ml 男性向け ヒゲ・すね毛など全身 プレミアムアフターシェイブローション

プレミアムビューティースキン

有名芸能人も愛用の人気商品

6,300円⇒キャンペーン3,990円(税込) 200ml 女性向け 全身 プレミアムビューティースキン
ネオ豆乳ローション 3,990円(税込) 200ml 男性・女性 全身 ネオ豆乳ローション

パイナップル豆乳ローション 2,625円(税込) 100ml 男性・女性 全身 パイナップル豆乳ローション

※価格等変更されている可能性がありますので公式サイトで最終確認をお願いします。

毛を薄くする抑毛剤ランキング

コントロールジェルME 肌に優しく子供でも使える

コントロールジェルMEは長年売れているロングセラー商品ですね。

 

なんといっても子供でも使えるほどのも肌に優しい商品です。

 

さらに大手ボディケアサロンでも採用されていて評価も高いです。

 

60日間返金保証もあるので安心して利用できるのではないでしょうか。

 

顔やすね、ワキなど全身に使えるのもポイントです。

 

詳細はこちら⇒大手サロンも採用 ムダ毛対策ジェル

価格 容量 評価
初回限定5,000円 150ml(1ヶ月分) 毛を薄くする方法
アフターシェイブローション 男性向けでヒゲやすね毛などに

アフターシェイブローションは男性向けの抑毛剤です。

 

楽天ランキングでも1位を獲得した人気の商品です。

 

男性でひげやすね毛、胸毛など濃くて悩んでいるという方におすすめの商品です。

 

詳細はこちら⇒★注文殺到★ヒゲのお悩みにコレ!!

 

価格 容量 評価
5,040円( 150ml 毛を薄くする方法
プレミアムビューティースキン 女性もうれしい美容成分も配合

プレミアムビューティースキンは女性向けというイメージですね。

 

芸能人などのブログでも紹介されている評判の商品です。

 

全身に使えますし、美容成分も配合されているので女性は特におすすめです。

 

詳細はこちら⇒塗るだけカンタン♪ムダ毛対策ローション!!

 

価格 容量 評価
3,990円 200ml 毛を薄くする方法

ジャンル別比較

抑毛剤で選ぶ 除毛剤で選ぶ 脱毛剤で選ぶ

毛を細く薄くしたい方はこちら

 

抑毛剤比較

表面毛を取り除きたい方はこちら

 

除毛剤比較

毛穴から取り除きたい方はこちら

 

脱毛剤比較

抑毛に向いている人は

脱毛などの処理を何度もするのが面倒な人
わざわざ定期的に脱毛するのは面倒ですから抑毛剤などで生えてくる毛を薄くすれば脱毛の手間が省けるのではないでしょうか。
顔の毛を薄くしたい人
意外に顔に使える脱毛剤や除毛剤がありません。抑毛剤は結構顔に使えるものも多いです。
永久脱毛ほどではなく薄くしたい人
ワキなどは永久脱毛などする人も多いですが、永久脱毛は費用もかかりますし、全身にはなかなかできませんね。そこで顔や背中などムダ毛が気になる人には良いのではないでしょうか。
毛が濃いので薄くした人
女性だけでなく男性でも毛が濃くて悩んでいる人は多くいます。除毛剤や脱毛剤では一気に毛を取り除くだけですのでそれは困りますね。抑毛剤で少し薄くするという方法に利用するのも良いのではないでしょうか。

 

こういった人には抑毛剤などが良いのではないでしょうか。

ムダ毛処理方法で比較

種類 料金・費用 肌への優しさ 手間・時間 痛みなど
ムダ毛処理剤 2.000円〜5,000円ぐらいの商品が多い(約1ヵ月分) 美容成分が配合されているものが多い 5分ぐらいのものが多い 痛みのないものも多いが個人差あり
かみそり それほどかからない かみそり負けしたり傷がついたりする 部分的なら早いが全身だと1時間以上かかるか 切ってしまうことが良くある
毛抜き 炎症を起こすことがある ほとんどかからない 時間がかかる 抜くときに痛みを感じる
脱毛器 数万円以上の高額なものも多いがある程度継続して利用できる 商品にもよる基本的に肌にやさしい? それほどかからない(1週間に一回ぐらい?) 痛い場合もあり
脱毛サロン 高額(初回限定などなら低額) 肌には優しい 通うのが面倒であったり時間がかかる 施術する人にもよるが基本的にはあまりない?

個人的な判断で比較しています。
また、商品によって差があります。

毛を薄くする処理方法について

まずは方法、部位、商品、エステサロンなら施術してもらう人によっても痛みや効果が違うかもしれません。

 

自宅で行うということであればカミソリ、毛抜き、脱毛器や除毛剤、除毛剤、脱毛剤などになると思います。

 

方法も人によって重視する部分が違うと思います。

 

痛みを感じない方法を重視する人、手間がかからない方法を重視する人、費用がかからない方法を重視する人いろいろですね。

 

自宅であまり費用をかけずに短時間で行うと考えると脱毛剤、除毛剤、抑毛剤などがよいかなというかんじでしょうか。

 

脱毛剤、除毛剤、抑毛剤でも違いがありますのでそこも理解して利用することが大事です。

 

ただ、毛を薄くするということであれば抑毛剤ということになってきますね。

毛を薄くする商品の選び方

ムダ毛を処理方法として脱毛剤、除毛剤、抑毛剤等があります。
これらはそれぞれ少し違います。
ここでそれぞれの特徴を理解しておく必要があります。
なぜかというと毛を薄くする方法は抑毛剤だけだからです。
脱毛剤も除毛剤も毛をキレイにしてくれますが、一時的にものです。
ですから生えてくる毛を薄くするということを考えれば抑毛剤ということになると思います。

脱毛とは

ムダ毛を毛穴から取り除くもので時間が経てばまた生えてきます。
夏場など肌を出すときの前に一気に処理するのに向いているのではないでしょうか。
ワキなどエステサロン等では永久脱毛などできますね。
ですが足や背中などまで永久脱毛するとなると高額な料金がかかると思いますし、特に背中などはそれほど露出することはないので時期によって脱毛剤などを利用すると良いのではないでしょうか。
顔などデリケートゾーンに使えるものが少ないですね。

除毛とは

表面に出ているムダ毛などを取り除くのが除毛剤です。
ですから毛穴から取り除くものではないので黒いぶつぶつやチクチク感があることがあります。
商品によってはそういったことがない商品もあります。
顔などデリケートゾーンに使えるものが少ないですね。

抑毛とは

ムダ毛を徐々に薄く目立たなくする方法です。
顔などデリケートゾーンでの使用ができる商品が多く、永久脱毛するまででもなくもう少し薄くなればというときに良い商品だと思います。
肌に優しい商品が多く利用しやすいのではないでしょうか。
生えてくる毛が薄くなれば定期的に除毛剤や脱毛剤を使う必要がなくなるのではないでしょうか。

 

このようにちょっと違うので利用するときはしっかり目的などと合ったものを利用すると良いと思います。
ムダ毛などを薄くしたいということであれば抑毛剤です。
脱毛剤や除毛剤は顔に使えないものがほとんどのように思います。
顔の毛を薄くしたいというのであれば抑毛剤などになるのではないでしょうか。
例えば男性などでキレイに毛をなくしたいわけではなく薄くしたいという方は抑毛剤がよいのではないでしょうか。

男性のムダ毛を薄くする方法

男性で毛が濃くて悩んでいる人は結構多いですね。

 

女性のムダ毛などはエステサロンや脱毛剤などいろいろあるのでよいですが、男性となると少ないですし、それよりもちょっと人には言えないというところもあると思います。

 

女性の場合は一気に毛を剃ることも抵抗はないとは思いますが、男性の場合は部位にもよりますが、一気に全部の毛をなくすのも逆に恥ずかしいというのもあるのでさらに難しいところですよね。

 

胸毛などはなくしたいとなりますが、ヒゲやすね毛となるとなくすのではなくて薄くしたという方も多いでしょう。

 

結局毛が濃いので薄くしたいということだと思います。

 

そう考えたときにどうするのかと考えます。

 

薄くしたい部位にもよるとは思いますが、私には抑毛剤かなと思います。

 

抑毛剤は毛を細くして薄くしてくれる効果があります。

 

ですから濃い毛を少しずつ薄くしてくれるわけです。

 

すね毛などにはとてもありがたいですね。

 

ここで男性が使える抑毛剤は?ということが気になるところです。

 

男女兼用の抑毛剤もありますが、男子用の抑毛剤もあります。

 

オススメはアフターシェイブローションコントロールジェルMEでしょか。

 

アフターシェイブローションなんかは数少ない男性用の抑毛剤でとても人気で売れている商品ですね。

 

もし毛を薄くしたいけどどうしてよいかわからない方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

すね毛を薄くする方法

男性で毛が濃くて悩んでいる部分としてすね毛が濃いということで悩んでいる方は多いようです。

 

じゃあ脱毛すればよいのではということを言うかもしれませんが、全部なくしてしまってもそれはそれで恥ずかしいですからね。

 

さらに一度脱毛したからといってまた生えてくるわけですから結局は一時的なことでしかありません。

 

剃ったり、抜いたししても同じことです。

 

じゃあ永久脱毛するのかというとそれはそれで違いますね。

 

やはり毛が濃いので薄くしたいという方がほとんどだと思います。

 

そうなると男性のムダ毛を薄くする方法でも書きましたが抑毛剤ですね。

 

男性のものとしてはアフターシェイブローションですね。

 

効果に関してはあるという人もいればないという人もいますね。

 

この差は塗り方なのか継続期間なのか一概にはいえませんね。

 

結局は抑毛剤を毛穴に届けないといけないので一度キレイにしてから抑毛剤を塗るほうが毛穴にしっかり届くので効果が期待できるかもしれませんね。

 

毛が濃くて上から塗って毛穴に届かないのでは効果も期待できませんからね。

ヒゲを薄くする・脱毛方法

ヒゲが濃いので薄くしたい、脱毛したいという方は多いですね。

 

ここで薄くしたいのと永久脱毛したいのでは大きな違いがあります。

 

ヒゲが濃いので薄くしたいという方は抑毛剤でしょうか。

 

これなら自宅でできますからエステサロンなどに通わなくてよいので面倒ではないですね。

 

ちなみにピックアップするならはアフターシェイブローションです。

 

エステサロンなら抑毛効果のある脱毛方法をとっているところもあるようです。

 

次は永久脱毛したいという方です。

 

やはり脱毛サロンにいくことになると思います。

 

レーザー脱毛などで行います。

 

ただ、エステサロンによって脱毛方法も違いますのでまずはカウンセリングを受けて聞いてみるとよいと思います。

 

ここでヒゲの永久脱毛をしたいという方ですが、今は永久脱毛したけどもしかしたら何年後かにヒゲを生やしたくなるかもしれないということも考えてみてください。

 

もう本当にいらないというのならいいですけど、後からヒゲを生やしてオシャレをしたいとなってももうできないですからそのあたりは考えておかないといけませんね。

当サイトから売れている抑毛剤

子供でも使える肌に優しい ひげやすね毛など男性向け 美容成分配合の美肌へ

コントロールジェルME

アフターシェイブローション

プレミアムビューティースキン

子供でも使えて肌に優しいということで肌の弱い方などに人気になっていると思います。

 

コントロールジェルME詳細説明

すね毛やひげなど男性用抑毛剤ということで男性に人気になっていると思います。

 

アフターシェイブローション詳細説明

美容成分等も配合されていて毛を薄くすると同時に美肌という点で人気になっていると思います。

 

プレミアムビューティースキン詳細説明


更新履歴


こちらのサイトでも毛を薄くする方法を紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。